お尻が垂れてしまう&ポッコリお腹は同じ原因!解決方法はコレ!

スポンサーリンク
・運動でダイエット

こんにちは(^^)

今日はダイエットしている女性の中でも特に多い下半身のお悩みについてです(^^)

下腹部が中々引っ込んでくれません…。
ポッコリお腹をどうにかしたいです。

横から見たらお尻が出っ張っていると言われました…。
昔からお尻が垂れているのも悩みです。

がじ店長
がじ店長

ポッコリお腹とお尻まわりの事で悩んでいる女性は非常に多いです。
果たしてその原因とは何なのか?
整体師目線でわかりやすく説明していきますね☺

スポンサーリンク

下腹部と臀部、場所は違えども原因は一緒だった!

腹部と臀部ですので場所は違うのですが、
そもそもポッコリお腹の方というのはお尻も出てしまっている場合が多いです。
同じ原因からその両方の症状が出ているという事です。

という事は、その原因を改善出来れば両方の悩みを解消できるという事ですね。
まさに一石二鳥です(^^♪

ではその原因とは何なのか?ということですが
これはズバリ

反り腰です。

皆さんは反り腰という言葉を聞いた事がありますか?

反り腰とは、言葉の通り『腰が反りすぎな状態』です。
腰なんて元々反ってるものじゃないの?という方もいるのですが
正常な反り方よりも反り過ぎている状態を反り腰と呼んでいます。

ちょっと思い出しながら想像してみて欲しいのですが
平らな場所に仰向けに寝転んでみた時に腰の下に空間ができていることを感じた事はありませんか?(ベッドなどの柔らかくて沈むような場所ではなく、フローリングなどの固めの場所です。)

もしくは平らな壁に頭、肩甲骨、お尻、かかとをくっつけて真っすぐに立った時に腰の後ろに余裕で手が入る事はありませんか?
ヘタすると手の平ではなく、にぎり拳がスポスポ入ってしまうくらいの隙間が出来ている人もいます。

この状態の人は『反り腰』である可能性が高いです。

では、その問題の反り腰の原因とは何か?
どうすれば改善出来るのでしょうか?

ダイエットの大敵!反り腰の原因とデメリット

早速原因をお話しすると…

反り腰の原因とは骨盤の歪みです。
では、どのような状態に歪んでいるのか?

下の図を見て頂ければ一目瞭然ですが、反り腰というのは骨盤が前傾している状態ですね。

パッと見ただけでも反り腰の人の方が骨盤が前に倒れているのがお分かりいただけると思います。
同時に、正常な人と比べた場合、腰の部分の骨が急カーブになり下腹部が前に出て、内臓も下がり、お尻も後ろに出ていますよね。
よく見てもらうとわかりますが、大腿骨(太ももの骨)も少し前にズレているし、それに沿って太もも自体も前に張り出しています。
加えて、今日は下半身のお話しなので詳しく触れませんが背中もかなり丸くなっていますね。

反り腰であるということは
ポッコリお腹やお尻が出っ張る(垂れる)という事以外に
脚も太くなり猫背にもなりやすいということです。

お尻がたるんでしまう人も反り腰が原因

お尻に脂肪が付きやすくて、大きい事が悩みです。
お尻の筋トレをしているのですが、中々効果が出ません。

がじ店長
がじ店長

同じお悩みを持っている方は多いですよね。
反り腰の人は日常的にお尻の筋肉をあまり使えていませんので
、せっかくの筋トレも効果が半減してしまいます。

骨盤が前傾している時点で、形状的にお尻は後ろに出てしまうのですが
それだけではなくて、大きくなったり垂れてしまうという危険性もあります。

なぜ骨盤が前傾しているとお尻の筋肉が衰えてしまうのか?

骨盤が前傾しているとお尻がたるんでしまう原理
~自分で体感してみましょう~
①まず、真っすぐ立った状態でお尻をキュッと締めてみて下さい。
締まりますよね?
②では次に、お尻を締めたまま腰を後ろに反らせてみて下さい。
これも皆さん簡単に出来るはずです。
③では最後に、お尻を締めたまま前屈してみて下さい。
どうでしょうか?
これはたぶん難しいと思います。というか出来ないですよね?

これが答えです。
骨盤が前傾しているとお尻の筋肉が使えないんですね。
反り腰という事は、前屈している時ほどではないにしろ、基本的には常に骨盤が前傾しているわけですから、常にお尻の筋肉が使えていないという事です。

だから脂肪燃焼もしない、引き締まる事もない。
お尻の筋トレを頑張っている人に関しても、
筋トレをしている以外の全ての時間で筋肉を使わずに生活していたら、結局はたるんでしまいます。
その為、日頃から反り腰にならないように意識して生活する必要があります☺

長年染みついた反り腰のクセを改善する方法

反り腰は骨盤の歪みですので、生まれつきのものでなければ大抵は整体等で改善する事ができますが、そもそもの原因としては普段の生活(姿勢や体の使い方)によって歪んでしまっているものです。
ということは、その間違った使い方を正してあげないとすぐに戻ってしまう可能性も高いということなんですね(^^)

がじ店長
がじ店長

普段から正しい骨盤の角度を意識して生活しましょう♪
やり方はこんな感じです!

まずは先ほどと同じイラストをご覧下さい。
一応正式名称を書いていますが、一般の人からすれば難しいと思うので名称自体は気にしなくても大丈夫です。
青色の点と赤色の点に注目して欲しいのですが、正常な方は高低差があまり無い事に対して
反り腰の方は高低差が物凄くありますよね?
これを意識的に正常な位置まで動かしてキープしてもらう事で間違ったクセを抜く事が出来ます。

全身で見た正常な骨盤の目安としてはこんな感じ。

わかりやすくする為に、ちょっと本格的な画像も用意しました。

左側がお腹側から見た骨盤、右側がお尻側から見た骨盤です。

で、横から見た感じがこんな感じです☆(これは左側から)

最初は鏡の前に横向きに立って、この2点をご自分で触ってみて下さい。
触ったまま鏡で見てもらうと、反り腰の人は最初のイラストのように2点の高低差がけっこうあるはずです。

正しい位置に戻す動作としては、青点を上げて赤点を下げます。
やり方としては、恥骨部分を上にクイっと引き上げるイメージで動かしましょう。
恥骨とみぞおちを近づけるような感じですね(^^)
この時は、細かく指2本分という事を意識せずに、2点が水平になるくらいまで動かしてもらっても構いません。
要するに動かせるだけ動かしてみて下さい。

上手く動かす事が出来ていれば、そのスタイルをキープしている間は2点の高低差が少なくなります。
鏡を見ながら動かすと、正常に近い位置まで高低差が変わっている事が一目瞭然でわかります。

服を着ていない時(下着やピタッとしたものであればOK)にやってもらうと
骨盤の角度の事だけではなくて、ポッコリお腹とお尻のたるみ(大きさ)も即座に変わる事がわかるので、可能であればボディラインがわかる状態で行ってみて下さいね(^^♪

前傾している骨盤を正常の角度に持っていくと、お腹をへこませる為に力んだりしなくてもその時点でお腹とお尻が凹み、横から見た体の形が変わります!

はじめのうちは鏡でチェックした方が分かりやすいですが、慣れてくると鏡を見なくても正しい状態に動かすことが出来るようになってきますので、意識できる時は常にそのスタイルをキープするように心がけて下さい。
この状態を続けていくと、意識する事なく正しい状態で生活できるようになってきますよ☺

お尻のたるみ&ポッコリお腹の原因☆まとめ

ポッコリお腹&お尻のたるみは反り腰が大きな原因!

がじ店長
がじ店長

悪いクセを取ってあげる事でしっかり解消できます!
解消できれば、ダイエットやスタイル改善の他にも腰痛や肩こりなどの不快症状に対しても効果的ですので是非頑張ってみましょう♪

それでは今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました