ダイエットの勘違い!有酸素運動は逆効果?!

スポンサーリンク
・運動でダイエット

こんにちは(^^)

ダイエットを頑張っている、これからダイエットを頑張ろうと思っているあなた。
どの様な方法をメインにダイエットを考えていますか?

ダイエットサプリを使ってのダイエットも人気がありますが
基本はやはり運動や食事ではないでしょうか?

今日はその中から運動にスポットライトを当てて『ダイエットに多い勘違い』のお話しをしようかなと思います(^^)

スポンサーリンク

有酸素運動はダイエットに効果絶大?!…それって本当?

がじ店長
がじ店長

ダイエット中の皆さんはどのような運動を重点的に取り入れていますか?

ダイエットといえばジョギングが効果的というイメージなので毎日走っています(^^)

私も有酸素運動が良いと聞いたので、毎日20分~30分走ったり、泳いだりする時もあります!

この様に、脂肪燃焼効果が高いというイメージからダイエットには有酸素運動!という人はとても多いんです☆
有酸素運動ばかりしてダイエットを頑張っている人もたくさんいますよね。

果たしてこれって本当に正しいダイエット方法なのでしょうか?
効果はあるのでしょうか?

と、その前に
そもそも有酸素運動ってどのような運動の事を指すのか知っていますか?
今日はその辺も含めて【有酸素運動】について改めて考えていきましょう!

有酸素運動とはどんな運動?

『有酸素運動』という言葉はよく耳にするけど、実際どのような運動の事をいっているのか
実はよくわかっていないという方も多いんですよ☺

がじ店長
がじ店長

初心者さんにもわかるように簡単に説明していきます♪

運動には『有酸素運動』というものと
逆に『無酸素運動』というものもあります。

有酸素運動
文字の通り、酸素を取り込める運動のことで
種類としてはジョギング、ウォーキング、水泳、エアロビクスなどが代表的。
時間的に長く続けられる運動を指します。

無酸素運動
有酸素運動の逆で、筋肉に対する負荷が強く
長時間続けられない運動を指します。
無酸素運動=筋トレという認識でOKです。

素朴な疑問ですが、ジョギングとランニングに違いはあるのですか?
呼び方が違うだけ??

がじ店長
がじ店長

ジョギングとランニングは両方とも走る動きですが、速度に違いがあるんですよ☆

イメージ的にはゆっくり走る事がジョギング、スピーディーに走る事をランニングというイメージで良いと思います。
数字的に時速何キロ以上がランニング…というハッキリとしたものはありませんので
ご自分の感覚的に『早い』と感じればランニング、『遅い』と感じればジョギングと考えて下さい。
すなわち、人によってジョギング、ランニングの速さは違うという事です(^^)

ちなみにダイエット効果としてはランニングよりもジョギングの方が効果的だと言われています☆

有酸素運動のメリットとは?ダイエット効果はあるの?

がじ店長
がじ店長

有酸素運動の具体的なメリットはどのような事なのでしょうか?

有酸素運動のメリットとしては
心肺機能の改善
慢性疾患になりにくい体になる
脳細胞の増加
など、たくさんのメリットが存在しますが
やはりダイエット的に考えた場合に一番わかりやすい効果といえば
脂肪燃焼させる
ということでしょうね(^^)

余談ですが、有酸素運動は『うつ病』の改善にも高い効果があります。
ダイエットを考えている方の中には、ストレスが原因でうつ病になってしまい
それが原因で太ってしまったという方も非常に多いです。
その様な場合に精神安定剤などの薬にばかり頼ってしまうと、健康面を考えても良くないですし、単純に太りやすくなってしまいますので、まずはうつ病の改善をメインに考え、有酸素運動を積極的に取り入れると良いですよ☺
お薬よりも効果が高いという事はドイツの研究でも結果が出ています(^^)

話しを戻して、
ダイエット中の方にとって有酸素運動をする一番のメリットは脂肪燃焼効果が高いという事。
その為、一生懸命毎日ジョギング等の有酸素運動に励んでいる人が多いです。

確かに有酸素運動はダイエットに効果があるのですが、
ダイエットをする際にほとんど知識がなく『何となくのイメージ』で運動してしまっている人の中には間違ったイメージを持ったまま実行してしまっている事も非常に多いので注意が必要です☆

ダイエットの勘違い!有酸素運動のデメリットとは?

脂肪燃焼効果があるのにダイエットにとってデメリットなんてあるんですか?

がじ店長
がじ店長

もちろんメリットはあるのですが、有酸素運動をメインとして運動している場合は逆効果なんです!

脂肪燃焼効果がある有酸素運動ですが、良い面ばかりを気にしてやりすぎてしまうと
せっかく頑張っている運動が逆効果になってしまいますよ!

ポイントは

有酸素運動は脂肪も燃焼するけど
同時に筋肉が減ってしまう

という事!

筋肉が減ってしまえば、基礎代謝や消費エネルギーが一気にダウン。
もちろん正しい姿勢を維持する為に必要な筋肉も落ちてしまうので、スタイル(姿勢)が悪くなり、その事で更に代謝も下がってしまいます。

筋肉が足りないと代謝が下がり、『不健康で太りやすい体質』になってしまうという事です。

確かに脂肪燃焼はしやすいのですが、有酸素運動ばかりを続けていると
痩せたとしても『キレイに』は痩せられません。
適度に筋肉とハリが無ければ美しい身体とは呼べませんよね?

キレイに痩せる為の運動方法とは?

有酸素運動は筋肉を落としてしまうんですね(゚д゚)
という事は有酸素はしない方が良いのですか?

がじ店長
がじ店長

いえいえ、そんな事ありません!
問題なのは有酸素運動を多くやり過ぎるという事です。

ダイエットに効果的な運動方法は
有酸素運動だけでなく無酸素運動もしっかりと取り入れる事です。

もっと言うと、毎日運動するとした場合は有酸素運動は1日10分程度にしましょう(^^)
多くても1週間で90分程度と決めて下さい。
それ以上の有酸素運動は、筋肉を減らしてしまうスピードが速くなってしまいます。

有酸素運動は20分以上必須?!短時間では効果が出ない?

でも、有酸素運動は20分以上続けなければ効果が出ないと聞いたのですが…。

がじ店長
がじ店長

確かにそのイメージをお持ちの方は多いですが、実はそんな事はないんですよ☺

有酸素運動は20分(15分)くらいから脂肪燃焼が始まるから、最低でもそれくらいはやらなければいけないと勘違いしている人も少なくないのでは?

しかし意外とそんな事はなくて、5分でも脂肪は燃焼します。
ただし脂肪燃焼が始まるのが開始後3分くらいからですので、初めのうちは5分でも大丈夫ですが
徐々に時間を伸ばして10分くらい出来るようになる事が望ましいですね(^^)

先程書いた通り、有酸素運動はあまりたくさんやらない方が良いですから
1日に5分~10分、これを出来るだけ毎日しっかりと行う。
1回に20分も30分も一気に行うよりも、ずっと負担が少ないですし効果的ですよ☺

ダイエットの勘違い!有酸素運動は逆効果?!まとめ

がじ店長
がじ店長

では今日のおさらい、まとめです☆

・運動には有酸素運動と無酸素運動がある
有酸素運動は負荷が少なく、長時間続けられる運動
無酸素運動は負荷が大きく、長時間続けられない運動

有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果があるが
同時に筋肉を分解してしまい筋肉が減ってしまう。

有酸素運動は短時間でも効果があるし、むしろ長時間やる事は逆効果である。

キレイに痩せる為には、短めの有酸素運動と筋トレを組み合わせる事が重要。

次回は、今回の記事の続きで
ダイエットに効果的な自宅で出来る効果的なトレーニング方法をお伝えします♪

それでは今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました